人身事故の慰謝料請求

人身事故とは、突然起こる防ぎようのない事故だと言えるでしょう。

軽いケガで済めばいいのですが、車との衝突により後遺症が一生涯残ってしまうような事故にあった場合には、これからどうすればいいのか、かなり悩むでしょう。入院して身体を治すことが先決ですが、保障という意味においても慰謝料などの示談金について話し合わなければいけません。

慰謝料には、相場があるのをご存じでしょうか。車を所持し、運転するのであれば最低限加入しなければいけない保険が任意保険です。その任意保険を補う形で追加加入するものが、自賠責保険です。また、交通事故における過去の判例をもとに慰謝料の額を決めることのできる裁判所基準なるものもあります。

どのような保障においても保険会社と直接交渉するか、あるいは弁護士に依頼してすることになるでしょう。さまざまな判例を個人的に調べ上げるには相当の労力と、法律の知識が必要になります。

人身事故にあったことだけでも大きなダメージがあるのに、自分たちだけで保険会社と話をすすめるほど元気ではないはずです。

ここで自分が加入している保険を調べてみてください。自動車保険の場合には、「特約」なるものが不随している場合があります。この特約には、弁護士費用を保険会社が立て替えてくれるもので、弁護士に相談した際の費用全てを保険会社が支払うことになります。何故だかつじつまが合わないように思えますが、妥当だと思える慰謝料を手にするためには、弁護士の介入が絶対的に必要だと考えます。