弁護士依頼のメリット

車による人身事故の場合には、慰謝料などの示談金についてしっかりと考えなければいけません。保険会社が提示したものと、弁護士が間に入って交渉してくれた場合とでは大きな差があるからです。

弁護士に依頼した際のメリットとデメリットについて説明します。まずは、弁護士にお願いした場合のメリットです。保険会社も商売です。少しでも支払う金額を抑えようと考えるのが現状でしょう。ですので慰謝料の額も基本的な料金しか提示してきません。

しかし、弁護士に依頼をすることで、入院費用など多額の慰謝料を受け取れる場合が多くあります。通院したり入院したりなど完治するまでに時間がかかるものに関しては、弁護士に頼んでしまった方が後々の書類手続きなどの手間が省けるかもしれません

デメリットについても考えておく必要があります。もしも保険に弁護士特約を付けていなかったら、保険会社との交渉にかかる費用など全てを支払わなければいけません。交通事故を専門にしている弁護士の場合には、それなりに弁護士費用が発生します。

無料相談窓口をインターネット上に公開している弁護士もいます。いざという時のためにも弁護士特約に入っておくことをお勧めします。

<参考リンク>アディーレ / 交通事故慰謝料相談