弁護士特約について

車による人身事故であるならば、それなりに慰謝料を含む示談金を受け取れるように弁護士を介して、保険会社や加害者と交渉する必要があります。自分が加入している保険には弁護士特約が付いているケースが多くあります。特約を付加することで、保険料の掛け金が少なからずアップしますが、平均しても月100円程度と缶ジュース1本分だと考えれば、さほど損をしているわけではないと思います。

弁護士特約をつけずに人身事故などの交通事故が起きてしまった場合に、自分での交渉を推し進めて、慰謝料が低いままで泣き寝入りをすることもあれば、自ら弁護士を雇い、高額の弁護士費用を自腹で支払わなくてはならない場合もあります。弁護士特約こそ大切な保険だと認識して利用してみましょう。

ただし、弁護士特約が利用できないケースもありますので注意が必要です。例えば、「事業用」と車検に記載されている車両での事故・無免許運転や酒気帯び運転などでの事故・故意や過失による被害・自動車修理業として、その仕事に従事していた際の被害事故などに対しては、弁護士特約は使用できないと記載されています。

しかし、念のため、弁護士に相談することで特約を使用できるケースもありますので何事も諦めずに最後まで戦う姿勢が大切だと言えるでしょう。

  • コメントはまだありません

弁護士依頼のメリット

車による人身事故の場合には、慰謝料などの示談金についてしっかりと考えなければいけません。保険会社が提示したものと、弁護士が間に入って交渉してくれた場合とでは大きな差があるからです。

弁護士に依頼した際のメリットとデメリットについて説明します。まずは、弁護士にお願いした場合のメリットです。保険会社も商売です。少しでも支払う金額を抑えようと考えるのが現状でしょう。ですので慰謝料の額も基本的な料金しか提示してきません。

しかし、弁護士に依頼をすることで、入院費用など多額の慰謝料を受け取れる場合が多くあります。通院したり入院したりなど完治するまでに時間がかかるものに関しては、弁護士に頼んでしまった方が後々の書類手続きなどの手間が省けるかもしれません

デメリットについても考えておく必要があります。もしも保険に弁護士特約を付けていなかったら、保険会社との交渉にかかる費用など全てを支払わなければいけません。交通事故を専門にしている弁護士の場合には、それなりに弁護士費用が発生します。

無料相談窓口をインターネット上に公開している弁護士もいます。いざという時のためにも弁護士特約に入っておくことをお勧めします。

<参考リンク>アディーレ / 交通事故慰謝料相談

  • コメントはまだありません

人身事故の慰謝料請求

人身事故とは、突然起こる防ぎようのない事故だと言えるでしょう。

軽いケガで済めばいいのですが、車との衝突により後遺症が一生涯残ってしまうような事故にあった場合には、これからどうすればいいのか、かなり悩むでしょう。入院して身体を治すことが先決ですが、保障という意味においても慰謝料などの示談金について話し合わなければいけません。

慰謝料には、相場があるのをご存じでしょうか。車を所持し、運転するのであれば最低限加入しなければいけない保険が任意保険です。その任意保険を補う形で追加加入するものが、自賠責保険です。また、交通事故における過去の判例をもとに慰謝料の額を決めることのできる裁判所基準なるものもあります。

どのような保障においても保険会社と直接交渉するか、あるいは弁護士に依頼してすることになるでしょう。さまざまな判例を個人的に調べ上げるには相当の労力と、法律の知識が必要になります。

人身事故にあったことだけでも大きなダメージがあるのに、自分たちだけで保険会社と話をすすめるほど元気ではないはずです。

ここで自分が加入している保険を調べてみてください。自動車保険の場合には、「特約」なるものが不随している場合があります。この特約には、弁護士費用を保険会社が立て替えてくれるもので、弁護士に相談した際の費用全てを保険会社が支払うことになります。何故だかつじつまが合わないように思えますが、妥当だと思える慰謝料を手にするためには、弁護士の介入が絶対的に必要だと考えます。

  • コメントはまだありません